ニュースリリース

Elastollan® エラストラン® 熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)

エラストラン®は化学薬品業界で世界トップリーダーであるBASFグループの熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)です。 NTWはこの無限の可能性を秘めたTPUの特長を最大限に活かし、新製品・新用途開発、多種多様のニーズに応えるべく TPU原料(ペレット)から加工製品まで、幅広い分野で皆様のビジネスをサポートいたします。

TPUとは

熱可塑性ポリウレタンエラストマー(TPU)とはしなやか且つ強靱なエラストマーであり 熱可塑性樹脂の
中でもその優れた物性面からエンジニアリングエラストマーという位置付けになります。

分子構造中にウレタン結合(−NHC00−)をもち、基本的に以下、3成分の分子間反応によって作られます。

  • 1.ポリオール(長鎖ジオール)
  • 2.ジイソシアネート
  • 3.鎖伸張剤(短鎖ジオール)
TPUイメージ

ウレタン結合はOH基を末端にもつポリオールや鎖伸張剤と、NCO基をもつジイソシアネートを重合して ソフトセグメントとハードセグメントを形成します。

ウレタン結合のHとOが水素結合という強い物理的架橋を生成し、非常に高い物性を実現します。

ソフトセグメントとハードセグメントの比率で、ゴム弾性体(A硬度)からプラスチックの硬さ(D硬度)まで 可塑剤のような添加物を使用せずに調節ができます。

↑ ページトップへ

TPUの特長

エラストマーシート
  • 耐摩耗性が抜群に優れる
  • 機械的強度が高い(結果としてウェルダー強度等も強い)
  • 硬度の種類が豊富(ゴムからエンプラ領域まで 60A〜74D)
  • 幅広い使用温度で弾性がある
  • 衝撃強度が強い(−30℃アイゾット衝撃で破壊しません)
  • 低温屈曲に強い(−30℃屈曲で10万回以上クリア)
  • 耐油性、耐薬品性、耐オゾン性等が良好
  • ポリエーテル系は耐加水分解性が優れている
  • 耐菌性が良好(ポリエーテル系)
  • ホットメルトタイプ゚は広い範囲の被着体と接着性が良好
  • いろいろな性能を付与できる
TPUの摩耗減量 テーバー式H8摩耗輪 荷重1Kg×21,000回転
TPU摩耗減量TPU製品イメージ

TPUの硬度範囲 TPUと各種エラストマーの強度比較 JIS K6251、K6252
TPUの硬度範囲 TPUと各種エラストマーの強度比較

↑ ページトップへ

TPUの種類 「硬度60A〜75D」

TPU 硬度60A〜75D
基本ベース
ポリエステル系
耐水性ポリエステル系
ポリエーテル系
特殊ベース
難燃系
高透湿系
低高度系
高弾性系
ホットメルト
完全無黄変
改良・改質
耐熱性
耐候性
離型性
タック性
ノンハロゲン難燃性
耐摩耗性
摩擦性
導電性
抗菌性
抗カビ性
発泡
艶消し
アプリケーション
射出・押出成形品
シート・フィルム成形品
ブロー成形品
多層成形品
異材料複合品
溶液(ドープ状)、他

↑ ページトップへ

TPUの幅広い用途展開一例

その強靭さからゴム、塩ビ(PVC)、金属の代替やポリウレタンならではの用途に検討・採用いただいております。

押出成形

各種ホース・チューブ、フィルム・シート、搬送ベルト・駆動ベルト、電線被覆、異形押出品、溶融紡糸

射出成形

スポーツシューズ靴底、スキー靴、スキー板トップ、自動車サイドパネル、各種自動車部品、スノーチェーン、 キャスター、時計バンド、グリップ類、肘あて、各種機械部品、カメラボディー、ストラップバンド

ブロー成形

ダストカバー、ジョイントカバー等のベロー類

TPU用途イメージ

↑ ページトップへ

TPUの主要グレード

≪一般グレード≫
種類 グレード 比重範囲 硬度範囲 100%Mo
(Mpa)
引張強度
(Mpa)
伸び
(%)
ポリエステル系 ET100,ET600系 1.20〜1.24  80A〜65D 4〜20   45〜55  400〜600 
透明ポリエステル系 ET500系 1.20〜1.23  90A〜98A 8〜13  45〜50  450〜550 
耐水ポリエステル系 C-type 1.14〜1.24  80A〜73D 5〜28  40〜55  330〜500 
ポリエーテル系 ET300,ET800系
11-type
1.11〜1.21  80A〜74D 4〜32  40〜55  350〜550 
≪特殊グレード≫
種類 グレード 比重範囲 硬度範囲 100%Mo
(Mpa)
引張強度
(Mpa)
伸び
(%)
無黄変エーテル系 NY11-type 1.07 92,98A 6,9  30,40  400,450
無黄変エステル系 NY500系 1.14 86A 5 30 500
ホットメルト
無黄変エステル系
HP105L  流動開始温度 105℃ 85A 5 13 700
ホットメルト
ポリエステル系
ET580  流動開始温度 110℃ 80A 4 17 750
ホットメルト
ポリエーテル系
ET370   流動開始温度 145℃ 70A 3 32 800
難燃系 C-type
11-type 
1.14〜1.21  75A〜87A 4〜8  30〜55  550〜600 
低硬度エステル系 C-type
ET600系
1.21 65,68,73,75A 2〜3  20〜40  550〜750 
低硬度エーテル系 ET870-11V  1.17 71A 3 40 700
高透湿エーテル系 XOP85A  1.18 84A 5 33 700
高弾性 R2002  1.39 71±3D 22
導電 ET680-10E6G  1.12 88±3A 8 30 500

エラストランの包装仕様は25s袋になります。 300s未満の出荷は別途小口手数料が必要です。

予備乾燥 [必須]

TPUは、吸湿しやすいので湿気に注意して下さい。ペレットを吸湿したままで成形すると、成形不良や成形品の物性低下が起こります。吸湿したペレットで射出成形した場合、発泡、ボイド、フラッシュの原因となります。また、押出成形で吐出量や吐出圧が変動するのも予備乾燥が不十分であることに 起因している場合が多いようです。予備乾燥でのペレットの水分率は必ず0.04%以下にして下さい。
場合によっては0.02%以下が望まれることがあります。乾燥条件は一般的には下記条件をおすすめします。

硬度85A未満のグレードは80度から90度で6時間
硬度85A以上のグレードは100度から110度で3〜5時間

無黄変とホットメルトの乾燥については、他グレードと異なりますのでご注意下さい。箱形乾燥機(熱風乾燥機)のトレイにペレットを入れる場合、TPU層の厚みは4cm以下にして下さい。乾燥機からホッパーにペレットを移送する時は外気に触れないよう速やかに行い、ホッパーのシールをしっかりと行って下さい。梅雨時から夏期は特に注意を要します。カラーマスターバッチなどのマスターバッチを使用する場合も、これらを混合した後に全体を必ず乾燥するようにして下さい。乾燥機は除湿エアーで輸送する一体型除湿乾燥機、又は除湿型ホッパードライヤーをおすすめします

↑ ページトップへ

お問合せ